東京2021オリンピックの大坂なおみは、5月の全仏オープンでメディアとの会話を大胆に拒否したことで、2021年のニュースでいくつかのグランドスラムを行いました。 競技会から退場し、15,000ドルの罰金を科された大阪の記者会見のボイコットは、メディアによるプロアスリートのメンタルヘルスの扱いについて大きな反響を呼んだ。 大阪の新しい3部構成のNetflixドキュメンタリー「大坂なおみ」を宣伝する7月20日のNetflix特集「チャンピオンの声」で、彼女の妹の大坂まりは、ナオミの人生の最近未踏の部分への新しい洞察を共有します:彼らの緊密な姉妹の絆。 ナオミの反対側で遊んで育ち、お互いのゲームを盛り上げて、マリは子供の頃の姉妹の家の映像について語ります。 「私たちはチャンピオンになることを夢見ていました」と彼女は言います。 「ラベルに逆らい、卓越性を求愛し、それぞれが他よりも勝利を選ぶ。」 ピープルによれば、3月にプロテニスを引退したマリは、「私たちの両親は私たちの夢を組織し、それを実現するために私たちを訓練した」と付け加えた。

ナオミは日本との競争に向けて準備を進めていると、彼女とマリは実際には「数か月間」お互いに会っていないことを明らかにした。 「私たちは一緒に育ったので、私は彼女がとても恋しいです」とナオミは回想しました。 「私たちは17歳になるまで毎日一緒に働きました。」 これは、4度のグランドスラムテニスシングルチャンピオンが彼女の人生の多くを共有した姉妹についての以前はほとんど知られていない他のいくつかの事実です。

ナオミと大坂まりの絆は血よりも深い

大坂なおみがテニスのスーパースターに昇格したという話は、姉の大坂まりの話なしには語れないことがすぐに明らかになります。 マリが引退する前に、2人は2019年3月のマイアミオープンで互いに競い合いました。 「それは私が最終的には楽しんでいなかった旅でしたが、私が得たすべての思い出とサポートに感謝しています」とマリは2021年3月に削除されたInstagramの投稿に書いています(People経由)。

ナオミはニューヨークタイムズに、対戦相手のマリが子供の頃にお互いにどれほどタフだったかを語った。 「私が15歳になるまで、彼女は私を6-0でした、ばかげていました」とナオミは愛情を込めて思い出しました。 やがてナオミは、「何が起こったのかわからない。ついに頭の中で何かがクリックされたのかもしれない」と考えながら、彼女のシスを一致させ始めた。 マリはまた、彼女の視点から、ナオミが彼女の挑戦に立ち上がるのを見る感覚を語りました。 7月のNetflixの特集「Voicesofa Champion」で、マリはナオミに次のように伝えました。法廷…そしてお互いを応援します。」 (そして私たちは考えました 私たちの 姉は私たちに良いスピーチをしてくれました!)

ナオミは、マリがまだ多くの点で彼女のリーダーである方法を特集で共有していることに加えて(「私は彼女がやりたいことは何でもするための単なる器です。」)、彼女は謙虚に、マッチ的に、マリは「百万…勝ち負けの記録に。」

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here